家族は理由による、それ以外は絶対に貸しません

基本的にお金というのは安易に貸し借りするものではないと思っています。
金の切れ目は縁の切れ目、というのをよく親からも聞かされていたからです。

それでも家族にお金を貸してほしいと言われたら、どうして貸してほしいのか理由をまず聞きます。
旅行に行くとか、欲しいバッグがあるとか、そういう娯楽的な目的であれば貸しません。
そういうのは、自分でお金をためて果たすべき目的だと思うからです。
生きていく上でなくてはならないものではないからです。
一生懸命やりくりしても生活が苦しいとか、どうしてもさけられない予想外の出費があって困ったとか、そういう理由なら貸すと思います。
家族なら、万が一貸したお金が返ってこなくても、まだ納得できる部分もあるかもしれないからです。

友人・知人・同僚などであれば、どんな理由でも貸しません。
たとえ生活が苦しいからという理由であってもです。
やむを得ない事情なら家族や親戚を頼るべきだと思うし、そういう頼れる人がいないなら自分でキャッシングするべきだと思います。
他人に金銭面で頼るのはどうかと思います。
しかもそういう人はだいたい生活が苦しいというより、お金にルーズだったりだらしない人が多いので、信用できません。
貸すとしても、返ってこないだろうという覚悟がないと貸せないと思います。

以前職場の同僚にお金を貸してほしいと言われ、私は断りましたが、その同僚は私以外の同僚にも貸してほしいと頼んでいたらしく、その人は貸したそうです。
しかし、案の定次の給料日を過ぎても返してもらえず、貸した方がやんわり催促しても応じず、しつこく何回も催促してやっと返してもらったそうです。
こういうことが職場で起きているのを近くで見ているので、やはり他人に貸すものではないなと実感しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>